カテゴリー
スキンケア

30歳を過ぎてからのお肌

多くの人がそうだと思いますが、若い頃はお肌のケアを適当にやっていても特に何も感じませんでした。
私自身、せいぜい美容液をつけるだけ、それですら忘れることなんてしょっちゅう。

ビューティーオープナージェルを使う効果!

「肌ケア製品なんていっぱいあるけど、結局は高いお金を払ってまでの見返りがあるかと言われるとそこまでじゃなさそう。お金儲けのために大げさに宣伝している部分はあるんだろうな~」なんて思っていました。
それで【表面上は】問題がなかったのは30歳頃まで・・・。

食事、仕事、生活リズムなどの基本的な生活が特に変わったわけでもなく、ストレスがたまるようになったわけでもないのに、吹き出物ができやすくなり、おまけになかなか治らないように感じます。

その時になってようやくお肌のことを少し調べるようになったところ、ネット上にはお肌のケアの重要性、専門家の科学的な見解、ケアの具体的な方法がいっぱい書いてあり、化粧会社がただ不安を煽っているわけではなくて本当にお手入れをしないといけないんだとようやく気づきました。

「今更やっても遅いしどうしよう・・・」とも思いましたが、今何もしないままでいて、10年後にまたお肌のことが気になって調べたときに同じことを思うのは嫌だ!ということで、肌ケアのやり方をいろいろ調べて、毎日のお風呂上がりのパックや紫外線対策、乳液等の使用など、手軽にできることから手をつけました。
触った感触からしてお肌に元気があふれている感じがして、もっと早くやっていればよかったものの、それでもとりあえずはケアを始めて良かったです。

お手入れは早ければ早いほどよいと思いますが、遅すぎることはありません。
高価な方法を使えばお肌をよみがえらせることができるのかもしれません。

でも、よみがえらせられる保障はありません。
普段からわずかな金額でケアを続けるほうがよっぽど確実に美容維持になると思います。
高いお金でバクチ的な一発逆転を狙うか、日々の多少の手間と引き替えに高い確率できれいなお肌を維持するか、どちらを選ぶのかは人によりますが私は後者をお勧めします。
後悔しない選択をお祈りします。