カテゴリー
ヘアケア

ヘアスタイルの着地点

思い返せば私はいつも髪について悩まされてきた。

エメリルオイルは評判以上!私の口コミ体験談や効果などをご報告!

小学生時代は年に数回のヘアカットは母親がやればパッツン、美容院に行けば切られ過ぎ、髪を切られる度に一晩機嫌を損ね母親を困らせた。中学生時代は生まれつきの癖毛が気になり、体育や部活で汗をかくたびにうねる前髪と格闘していた。友人のすすめでストレートパーマ(校則違反だった)をかけストレスフリーになったかと思いきや先生がストパーをかけた生徒へ校内の草取りをするようペナルティを与えることもあった。高校、大学、社会人になりルールから解放されるとカラーをしてみたり、生まれつきの癖毛がいい感じのカールをしてくれるようになり友人から素敵と言われることもあった。

就職してから数年後、結婚・出産を経験し産後の抜け毛にはあまり悩まされることはなかったが、子どものオムツ換えや公園に付き合うと鎖骨下まで伸びた長い髪はやはり邪魔になる。いっそ切ってしまおうかと迷うこともあったが、縛れない長さにすると逆に顔にかかりよりいっそう邪魔になる危険性を考慮し思いとどまった。これは子育てあるあるなのかもしれない。しかし後ろで1つに縛った元気のないポニーテールはなんとも味気ない。

そこで、せめてこの元気のないポニーテールに艶を与えようと、元気に暴れまわる子どもから目を離さぬよう気を付けながら、洗髪後オイルをつけて丁寧にドライヤーをするようにした。ポニーテールに艶は出たものの、やはり何かが足りないのかあまりかっこよく決まらない。次にインナーカラーというものを試してみた。

髪の内側だけ茶色にしてみた。就活時に黒染めしてからカラーとは縁遠かったので中々色が入らず、3回もやり直してもらった。中学生の時からお世話になっている美容師さんには本当にお手数をお掛けしたと思う。相変わらずポニーテールはかっこよく決まらないが、久しぶりのカラーにテンション が上がり、一旦ここで落ち着いてみることにした。今はまだ大丈夫だがこれからは白髪も出てきたり、コシや艶がなくなったり抜け毛に悩まされることになるだろう。その度に色々試行錯誤して自分が納得できる着地点を模索することになるだろう。