カテゴリー
スキンケア

マスク跡の原因

マスクが欠かせない生活がすっかり定着しています。マスク警察の目も気になりますし、実際に人が多い場面では付けていないと不安にもなります。
そんな生活の中で私がずっと悩んでいたのがマスクを外した時に顔に付くマスクの跡です。頬の高い部分はもちろん、頬骨の下辺りにも線がくっきり付いてしまいます。私は若いころから顔に跡が付きやすいようで、大学時代も講義中に腕を枕にして居眠りすると衣服の跡が顔に付いたりしていました。

ちゅらかさながもたらす効果!

きっと体質なんだろうと諦めていたのですが、先日、某エステのお試し体験に行ってみた際にその悩みを打ち明けたところ、「顔のむくみ」が原因ではないかと言われました。てっきり加齢による「たるみ」が原因だと思っていたので意外な回答に驚きました。私は日頃から水分をあまり取らない方なので、むくみ=水分と思っていたこともあり、今まで全く気にしていなかった原因でした。むしろ水分が不足すると細胞が水分を貯めこもうとして、むくみが出る場合もあるようです。

その後、美容記事や本などをいくつか見て、顔のマッサージをすることにしました。朝の入浴の際、湯船につかっている間にマッサージしてみました。顔の上から下へと順に、手の動きは内から外へ老廃物を流すイメージで。私の頬肉は柔らかいお餅の様ではなく硬い感じなので、今まで頬肉をマッサージすることはあまりなかったのですが、痛いのは効いている証拠だと思い、我慢して毎日マッサージしてみました。

すると、数日で顔のマスク跡が明らかに付かなくなっていました。マスク跡が完全に無くなることはないと思いますが、これからも顔面マッサージを続けようと思います。マスク生活により表情筋を使わなくなった影響で、顔がたるんできている人も多いようです。マスク跡が気にならない方も顔面マッサージをおすすすめします。