カテゴリー
ダイエット

わたしの産前、産後の食生活

わたしは、36歳。3ヶ月なる赤ちゃんの母です。

上の子は、22歳で出産。

上の子の時は、まだ若かったので産後もすぐ体型や体重も戻りましたが、二人目は、高齢出産

14年のブランク

妊娠中からも食生活から気を付けました。

妊娠初期は、つわりで食べれず反動でつわり後は、体重が激変増えてしまい妊娠高血圧予防やストレスをためない痩せかたを考えました。これは、産後の今も続けています

リゲイントリプルフォースの取り扱い店舗や効果

三食きちんと食べる。

小腹がすいたら我慢せず自分へのごほうびも忘れない←これは、ストレス溜めないためにも必要です!

夜は、九時以降食べない。

1日30~1時間ウォーキング。運動が苦手な方でも音楽聞きながら歩いたり、散歩程度に考えればできると思います。景色見ながらインスタ映え探しながらもオススメです。妊婦の時、激しい運動は、できないので歩くようにしていました。激しい運動は、最初だけ試して長続きしないと思うのでよいかと思います。

普段から水分をたくさん摂取!水やお茶。

わたしは、妊娠前毎晩、ひどいときは、昼からビール飲んでいましたが妊娠、つわりを気にやめました。どうしても炭酸のシュワシュワがほしくて炭酸水をのみだしたらカロリーも少ないしシュワシュワ満たされるように

業務スーパーやドラッグストアで売っている炭酸水は、安くてオススメです。

食事でお腹が満たされないときは、米に蒟蒻をいれてみたらお腹が膨れました。食べる順番も野菜から食べて炭水化物は、最後にすると。主食と副菜でお腹が満たされ自然と米をたくさん食べなくてもすむようになりました。蒟蒻ごはんに飽きたら麦芽や胚芽を混ぜたご飯←五穀米や雑穀米より安いし食物繊維が豊富なためお通じよくなります

無理なダイエットは、続かないし子供が小さいため自分の時間も中々無いので近くのスーパーまでは、抱っこ紐して歩き。

九時以降は間食しないことは、心がけるだけでも違うと思うので試してみてください。

夜どうにもお腹がすいて寝れないとき炭酸水のんだり水分補給。朝、好きなものを食べるぞてきもちでいたらわたしは、夜中の空腹なくなりました。食欲旺盛な方は、朝、昼は、しっかり食べる好きなものを我慢しないことをオススメします