カテゴリー
スキンケア

お肌の手入れはは油断大敵

私は小さいころから周りからお肌が綺麗と褒められ続けてきました。子供の頃から「○○ちゃんはお肌綺麗ね~」と褒められて、「そうか、私はお肌が綺麗なんだ!」と調子に乗っていました。

小学校、中学校、高校と成長していくと、周りの人たちはおしゃれに目覚め、お肌のケアもこまめにしていたのですが、私は心のどこかで「でも私は何もしなくても綺麗だから」と思っていました。周りの人たちがニキビやシミで悩まされているのを横目で見ながら、ちょっと心の中では得意げになっているくらいでした。

nicoせっけんの口コミ&評価!薬局などでは購入できるか?最安値通販や使用した効果もご紹介!

日焼け止めも化粧水もめんどくさいからと塗らず、朝の洗顔すらしない始末、たまに気が向いた時には水でちょこっとだけ顔を洗うという、女の子としては恥ずかしいぐらいのズボラっぷりでした。

社会人になってからは、さすがに日焼け止めぐらいはなあと思い、たまに塗ってはいたのですが、それも夏の暑い日ぐらいなもので、冬は全然ケアをしていませんでした。

あとで分かったのですが、冬の日差しも十分紫外線が強く、夏と同じくらい警戒していないと容易にシミができるとのことでした。

そして今28歳になりましたが、20代前半くらいまでさぼっていたツケが回ってきたのか、白い肌にポツポツと小さいシミができてきてしまっています。

最近はしっかりケアをするようにはしていたのですが、やはり昔からの積み重ねは大事なのだなあと実感しました。元々肌が白い分シミが目立ってしまい、鏡を見ながらため息をつく日々です。

今若い10代、もしくは20代前半の方はきちんと手入れされることをおすすめします。