カテゴリー
スキンケア

30代の肌の悩みについて

最近私は30歳になり、肌が毎日ゾンビのようにくすんでいます。
毎日化粧品を塗りたくることで隠しますが追いつかないし、更に悪化させてる気もします。

モイスポイントの口コミと効果を暴露!最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

初めからすっぴん美人だったら化粧なんてしてないのに。
その点、西洋の方は彫りが深く、ナチュラルでいけるのが羨ましいですね。
調べたところによると、老ける原因というのは主に以下の事だとか。

紫外線による肌の酸化、ストレス、喫煙など。

私が対策としてやっているのは、ありがちですが、ビタミンCを摂ること。
サプリを夜飲んで寝ます。
やりたいと思っていることは、抗酸化物質を塗りたくることです。まあそれもビタミンCですね。。

他に、私が悩んでいることはたるみですね。
特に最近は、この状況下で表情筋をあまり動かすことがなくなった為、
口元のほうれん線、たるみ、たるみによる毛穴の広がりが大変です。

これも私が対策としてやっているのは顔の筋トレです。
舌を歯にそってぐるんぐるん回したり、舌でほうれい線を皮膚の内側からなぞったりしてます。
他は口元が下がらないように、両手のひとさし指を口にいれて同時に左右にひっぱり、口はひっぱられないよう我慢する
ということをします。(丁度いー!!のポーズ)
お尻のたるみが筋トレでとれるように、顔のたるみも筋トレでとれると信じてやってます。

何よりストレスが一番ダメだと思いますので、ストレスを溜め過ぎずにマイペースに生きていくことが、
一番の肌老化防止策なのかもしれません。

カテゴリー
スキンケア

赤ら顔

自分が物心がついたころ、大人から言われて気づきました。ビューティーオープナージェルの効果と私の口コミ!最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

「顔赤いけど大丈夫?」そう言われて鏡に映った自分を見てとてもショックを受けた自分がいます。

それから体育の時間やお風呂あがりなどに鏡を見ては「何で自分の顔は赤くなるんだろう?」と親に相談しましたが、「歳とったら治るよ」と言われ呆然としました。

学生時代、緊張で赤くなったり、体育で運動して暑くなって顔が真っ赤になったりして周りからいじられることもよくありました。

本当に当時は嫌で親のせいにもしました。成人してからも悩み続けネットで調べては藁にもすがる思いで赤ら顔用の化粧水や美容液を試してみるも治りませんでした。

今現在も歳をとり赤ら顔は治ってはいませんが、気にはならなくなりました。

それは化粧ができる年齢になってから肌の赤味をいかに隠すかを試行錯誤し、下地やらファンデーションを自分に馴染む色を選択したからだと思います。

「赤ら顔じゃなかったら自分はもっとスポーツを楽しめたのに」とか「友達や恋人との温泉旅行も楽しかったのでは?」と今でも考えてしまいます。
どうしても心がネガティブになったりしますので。

自分以外にもそういう悩みで本当に苦労している方がいると思います。
そういう方のためにも、赤ら顔が少しでも科学的にも解明され治ることを切に願います。

カテゴリー
スキンケア

乾燥対策に美容液をプラス!

すごく乾燥肌で保湿力が高いスキンケアを選んでるんですが、それでも物足りないと感じたのでそこに美容液をプラスしたら保湿が上がってだいぶ乾燥対策ができました。

ととのうみすとは販売店で市販されている?購入して使用した効果と私の口コミをこっそりご報告!

使っているのはお酒を作っている菊正宗の美容液です。実はこれプチプラだけどすごく優秀で、某検証雑誌で有名デパートコスメより保湿力が上だった隠れた一品なんです。2000円以下で買えてたっぷり150ml入ってます。美容液でこんなに入ってプチプラな値段はそうないです。なにがこんなに保湿力があるんだろう?

と成分を見たところ保湿力が高いセラミド成分が入ってました。しかも弱酸性、無着色、無鉱物油で肌に負担がかからない作りになってます。

ただお酒を作ってるメーカーなのでスキンケア商品にもお酒の香りがついてます。お酒が苦手な人は躊躇するかもしれないですが、つけたあとすぐ香りが飛ぶのでお酒の香りが苦手な人でも大丈夫です。今まで化粧水と乳液だけでしたが美容液をプラスしたら肌の潤いが上がりました。

夜のスキンケアにも必ず使用します。翌朝起きても顔がつっぱらないなと感じるし、かさついてないなと分かります。化粧水をつけたあと美容液をはさんでその後乳液をつけるやり方がおすすめです。

カテゴリー
スキンケア

美肌は効果的な食べ物をとる

私は美肌になるために生活習慣を見直しました。お肌に効果的な食材を取り入れています。
美肌の土台となるのはタンパク質です。タンパク質をとるとうるおいがでて保湿されます。

巣顔美人

スキンケアだけではなく食べ物でお肌のコンディションを整えています。例えば手軽に取れる果物でメラニンの生成を抑えるビタミンCが豊富なオレンジ、キュウイ、グレープフルーツなどは積極的にとっています。
タンパク質の多い食材はお肉、お魚、卵、大豆、などです。お昼はお弁当をもって行っています。会社のお昼休みは外食が多くなってしまうので定食屋さんを利用するのもいいと思いますよ。

納豆は便利な食べ物です。そのまま食べられるのがいいですよね。私はいろいろな野菜を入れたみそ汁や肉・野菜炒めなどを作ることが多いです。
体の中も水分補給をするように心がけています。水分が不足すると肌荒れの原因です。水分は1日、1.5?~2?のお水を飲むのが理想です。食事のときのみそ汁なども水分補給になりますよ。美肌効果だけではなく、体のためにも水分補給は必要です。

肌荒れに控えている食べ物は脂っこいもの、野菜の少ない食事、甘いもの、スナック菓子、インスタント・レトルト食品などです。外食、アルコールも控えています。私はお肌のために大好きなお酒を週、2回にしています。

食事以外では「蒸しタオル」をしてお肌をやわらかくしています。「蒸しタオル」をすると次につかうスキンケアの浸透がよくなります。あと、血行をよくするために半身浴をして汗をかきます。

カテゴリー
スキンケア

顔のたるみの原因について

年齢を重ねていくと顔の皮膚がたるんできますよね。

http://www.albambank.com/

今回はそんな「肌のたるみ」の原因について調べてみました。

肌がたるんでしまう原因は様々な要因が重なっていて、特に筋肉の衰えや、皮膚の乾燥と老化が主な原因です。

顔の皮膚の裏には表情筋が多数あり、日常的な表情の癖や、年齢による老化などによって筋繊維が緩むことで顔のたるみに繋がります。

また、表情筋の老化によって実年齢よりも老けて見えたり、シワの原因になったりもします。

皮膚の乾燥は、加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸、水分などの減少で引き起こされます。

それに、皮膚が乾燥すると肌の新陳代謝が落ち、古い角質が剥がれにくくなって、さらに乾燥が進む悪循環に陥ってしまします。

皮膚の乾燥以外にも、紫外線A波による腺維芽細胞の損傷、活性酸素によるコラーゲンの硬化なども肌の老化に繋がります。

これらの肌のたるみの原因は、ある程度予防することが可能で、特に紫外線や肌の保湿等は化粧品や日焼け止めで予防が可能です。

また、表情筋のたるみは日頃から笑顔を心がけたり、表情筋トレーニングで筋力を維持することができます。

肌トラブルを事前に予防するためにも、日頃から「意識」して表情を動かしたり、肌の保湿ケアを行っていきましょう。

カテゴリー
スキンケア

マスクによる 肌荒れの悩み

コロナの為、 外出時や 仕事中でもマスクが離せなくなりました。真夏の日中でも外せなくて 汗だくになりました。マスクの中が湿気っているし、暑いし 何回もタオルで拭いていましたが、そのせいもあり

口周りやあごに吹き出物が頻繁に出て来ました。http://www.oratorium-stellamaris.com/

大人ニキビ用の軟膏を購入をして治療しましたが 中々治りません。治っても また現れるので 泣きたくなります。

左側が治れば右側が出てきます。

気づくと赤くぽっと腫れぼったくなって痛いのです。

洗顔を ニキビ用石鹸に変えて 基礎化粧品をも変えて。お金もかかるし、鏡で顔を見るのも嫌になりました。

職場で話題作りに 「ニキビが出来て~」なんて言ってみたら「吹き出物でしょー笑」などと大笑いをしてしまいました。

ニキビ用化粧品が効いてきたのか 新しい吹き出物は出てこず、最近やっと落ちついてきたようです。

また 秋から冬になり 汗だくも収まってきたおかげかもしれませんが。

ニキビ跡が残っている為 あごの肌は荒れていて まだまだケアが必要な感じではありますが せっかく化粧品を買ったのですから きちんと使用して いきたいです。また目元のたるみも気になるので 今度は そのケアも控えていて 大忙しです。

カテゴリー
スキンケア

お肌の手入れはは油断大敵

私は小さいころから周りからお肌が綺麗と褒められ続けてきました。子供の頃から「○○ちゃんはお肌綺麗ね~」と褒められて、「そうか、私はお肌が綺麗なんだ!」と調子に乗っていました。

小学校、中学校、高校と成長していくと、周りの人たちはおしゃれに目覚め、お肌のケアもこまめにしていたのですが、私は心のどこかで「でも私は何もしなくても綺麗だから」と思っていました。周りの人たちがニキビやシミで悩まされているのを横目で見ながら、ちょっと心の中では得意げになっているくらいでした。

nicoせっけんの口コミ&評価!薬局などでは購入できるか?最安値通販や使用した効果もご紹介!

日焼け止めも化粧水もめんどくさいからと塗らず、朝の洗顔すらしない始末、たまに気が向いた時には水でちょこっとだけ顔を洗うという、女の子としては恥ずかしいぐらいのズボラっぷりでした。

社会人になってからは、さすがに日焼け止めぐらいはなあと思い、たまに塗ってはいたのですが、それも夏の暑い日ぐらいなもので、冬は全然ケアをしていませんでした。

あとで分かったのですが、冬の日差しも十分紫外線が強く、夏と同じくらい警戒していないと容易にシミができるとのことでした。

そして今28歳になりましたが、20代前半くらいまでさぼっていたツケが回ってきたのか、白い肌にポツポツと小さいシミができてきてしまっています。

最近はしっかりケアをするようにはしていたのですが、やはり昔からの積み重ねは大事なのだなあと実感しました。元々肌が白い分シミが目立ってしまい、鏡を見ながらため息をつく日々です。

今若い10代、もしくは20代前半の方はきちんと手入れされることをおすすめします。

カテゴリー
スキンケア

あえて朝の洗顔にも石鹸を使ってみた

初めては誰に聞いたかすら思い出せないけれど、朝の洗顔には石鹸を使わない方がいい…という話を女性なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
皮脂を取りすぎるから、特に乾燥肌の人には良くない。という最もらしい理由を聞いたりして私もここ10年以上何となく朝の洗顔には石鹸を使わずに来ました。

FACEEリキッドセラムプラス

ちなみに私は30歳を越えた辺りから、乾燥に加えてシミシワたるみ、吹き出物、ありとあらゆる肌トラブルをかかえています。何をしてもあまり効果を感じられず半分諦めモードでした。

ただ、なんとなく先日『やっぱり肌ケアの基本は洗顔と保湿だよなぁ~』と思い、これまでの習慣をあえて変えてみようと思ったのです。高い美容液はお休みするかわりに、クレンジングに時間をかけて、安くていいから化粧水とクリームをしっかり塗るようにしました。

何となくそれで肌の調子がよくなったように感じたのでこんどは『夜の間に古くなったクリームをきちんと取って、朝にまた綺麗なクリームを塗って保湿したほうが良いのでは?』と思い、朝も泡立てた固形石鹸でやさしく洗顔し、保湿し直すことにしました。

これがここ数年来では一番のヒットで、一月もたつ頃にはお肌が何となくツルンと見え、ツヤや張りを感じるように!もちろんシミが無くなったり見違えて綺麗…とまでは言えないのですが、こんな小さな事で肌の印象が上がるならもっと早く朝も石鹸洗顔しておいたらよかったなと感じました。もう少し続けてみたいと思っています。
これに限らず、美容の思い込みや習慣が裏目に出てるということは案外多いのかもしれませんね。

カテゴリー
スキンケア

敏感肌・アトピー肌・乾燥肌トリプルダメージ

アトピー体質ですが、普段の見た目にはそこまでアトピーとわからない感じですが、ひどくなると「殴られた?」「かわいそう」と言われるくらい瞼の周りが赤黒くなります。そうすると、保湿や市販の薬ではどうしようもないので、皮膚科に行ってステロイドを処方してもらい治療します。

http://www.boedo-tango.com/

一番ひどくなるのは瞼です。前髪の刺激で痒くなるので、常に眉より上にカットしています。肌の調子が良いからとアイシャドウを2~3日つけると、すごく痒くなってくるのでほとんど塗りません。よっぽどの時だけつけるようにしています。

ファンデーションは、敏感肌用のものを使い、出来るだけ刺激しないようにつけています。本当はファンデーションも塗りたくないくらいですが、紫外線も肌にとってダメージを受けるようなので、仕方なく使用しています。日焼け止めのクリームも肌に合わないものが多く、まず手で試すとブツブツが出来ることがありますので、これも敏感肌用のものを(価格が高い)使用しています。

世間一般の人が化粧品の試供品をもらって喜んでおりますが、私にとってもらって困るものです。試す勇気がないです。本音は今よりもうちょっと、保湿性がいいものとか美容成分が入っているものがほしいと思いますが、あまり冒険が出来ないのが現状です。

カテゴリー
スキンケア

年齢とともに大きくなる毛穴と増えるシミ

年齢とともに気づかないうちに毛穴とシミが増えてきた。どちらもいったんできてしまうといろいろな化粧品を試してみてもなかなか効果が出ない。毛穴については肌の調子にも関係があって化粧品によらないところもあるように思う。シミについてはファンデーションなどで一時的にカバーできるが根本的に解決することは大変難しいと思う。

http://www.bikesandbends.com/

 毛穴もシミも根本的に解決ができないので、上から隠す化粧品に頼るしかないかと思う。年齢がとともにファンデーションを使って隠そうとすると厚塗りとなり、余計に老けてみえたりするので毛穴とシミをを解決するのは本当に難しいと感じる。

化粧品によって解決できないとなれば、睡眠の質や食べ物の質などほかの方面から解決するしかないのかと思うが、こちらもすぐには効果がでないので、根本的な生活習慣や食習慣を変えて長期にわたって続けていくことが大切かと思う。年齢がいってもきれいな肌をキープしている素敵な女性もたくさんいる。

そういう方に話を聞くと特に何もされていないようなことを言われる。やはり化粧品など外からのものではなく、毛穴やシミなどの悩みを解決するためには内面から変えられる生活食習慣が一番大切なのではないかと思う

カテゴリー
スキンケア

眼の横のシミ あるとないでは大違い

50代の女性です。先日、久しぶりに同窓会に出席したら、ある友人の眼の横に、大きなシミがあるのが見えて、どうにも気になって仕方なかったです。しかも、ファンデーションで必死に隠そうとしているのが、バレバレでそれが、逆に痛々しい感じがして、目が離せなくなりました。

モイスポイントの効果を暴露!話題の人気アイクリームを使った私の口コミ!

その人と会話していると、どうしてもその「シミ」に目がいってしまうんですよね。

もともと自分自身も目の横側に、両方ともシミがあって、すごく気にはなっていました。美白効果のあるクリームを毎日せっせと塗っているんですが、これが案外効果があるみたいで、少し薄くなったようには感じています。でも、単なる自分自身へのひいき目かもしれませんので、今後はスマホで自撮りをして、経過をつぶさに観察しようと思っています。

日焼けも気にはなっているんですが、最近、コロナでジム通いもままならないので、どうしても自宅まわりを散歩する羽目に。そうなると、日焼けをフォローはするんですが、やっぱり面倒くさいと思ってしまって、おろそかになってしまいます。夏が終わるころ、一気にシミが湧き出てきたらどうしよう、なんて今から心配しています。美しい肌を保つって大変な努力が必要なんですね。

カテゴリー
スキンケア

エイジングケアの天敵は「冷え」である

「冷えは万病のもと」と昔から言われ続けていますが、お肌にも悪影響であることをご存知ですか?http://www.sisters-unlimited.com/
なぜなら、「冷え」が深刻化すると肌は輝きを失い、新陳代謝が悪くなってしまうからです。

それに加えて、女性は熱を発生させる筋肉の量が男性よりも少ない上に、一度冷えたら温まりにくい脂肪が多いのが原因でとても冷えやすい身体であると言えます。
また、冷えが進むと新陳代謝が悪くなり、肩こり・むくみ・腰痛などを引き起こす恐れもあるため、放っておくと大変なことになってしまいます。

そこで、今回はエイジングケアの天敵である「冷え」の撲滅方法についてのお話をしていきたいと思います。

まず、栄養バランスの取れた3食をきちんと取ることで冷えの大半は解消されます。ご飯やパンといった熱を生み出す「糖類」、と血液の原料でもある「タンパク質」、長時間身体を温めてくれる「脂質」を中心に、ビタミン・ミネラルといった栄養素をバランスよく食べることがポイントです。

また、ランニングなどの適度な運動を続けることも大切です。
身体を温めることで、血液が心臓から動脈を通って体の隅々まで行き渡り、血行が良くなります。また、筋肉も付いてくるので冷え知らずの身体に変わっていってくれます。

シンプルに、冷えに効果的なのは「食事」と「運動」です。
頑張って冷え知らずの身体をゲットしましょうね。

カテゴリー
スキンケア

なんだか汚ならしい印象に。

とにかく何年も悩まされているのが、鼻の毛穴についてです。レナセルクリアセラム

元々皮脂量が多い体質なので黒角栓との相性は最悪で、年間を通じていわゆる”いちご鼻”状態となっています。それでもターンオーバーについて調べたりする事は勿論、流行りのピーリングジェルや毛穴対策に特化した洗顔料、コスメを色々と試しどうにか改善に努めて来ました。

しかし、なかなか目に見えたような効果は出ませんでした。昔は毛穴パックでも使って一度角栓をリセットした方がいいのでは、とトライしてみた事も何度かあるのですが、長い目で見るとあくまで一時しのぎにしかならない、更に肌へのダメージも多い、仕舞いには毛穴を塞ぐものが無くなってしまう為、余計詰まりやすくなってしまうとの話を聞いてしまいました。

かといって他の方法を模索しようにも、大体どこのブログ記事も一つの商品宣伝に特化しているか、もしくは大体同じようなメンテナンスしか書いていないパターンが多く、もはや自分ではどうすることもできないのではないかと毎日鏡を見るたびに悩まされています。

ニキビやシミと比べると遠くから目立つものでもありませんが、どんなに他のお手入れをしていても、このお鼻の部分が黒ずんでいるだけでなんだかお手入れのしていない不潔なイメージを抱いてしまいます。同じような境遇の方、いらっしゃいますでしょうか。

カテゴリー
スキンケア

シワとくすみと上手に付き合うこと

肌の悩みといえばシワとくすみです。目じり、口元に小さなシワができてしまい、ファンデーションのノリもよくありません。

効果抜群?モイスポイントを目の下のたるみに使った私の口コミ体験談!

若いころはアイランを引いて目じりを際立たせたメイクをしていたのですが、歳を重ね毎朝鏡を見るたびに目じりのシワが気になります。

表情がなければそれほど気にはなりませんが、笑った時にシワが寄ってしまうのが気になってしょうがありません。

サービス業をしたので表情筋のトレーニングやある程度の肌のお手入れグッズなども使っていたのですが、年齢には負けてしまうのでしょうか、若いころの肌には戻れません。

肌のくすみについては年齢的なものなのだとあきらめていますが、くすみのせい不健康そうに見えたり、疲れているように見えたりしてしまいます。

追い打ちをかけるように最近寒い風、乾燥、という気候が肌を攻撃し、ますますシワ、くすみを加速させています。

これ以上のシワ、くすみを加速させないために、また肌を守るために洗顔後の保湿、マッサージを入念にするよう心がけています。

化粧品に高価な金額をかけられない主婦にとっては自分でできる簡単なケアしか方法がありませんが、常に自分で肌の状態を意識し簡単なケアを継続していくことでシワ、くすみの悩みと上手に付き合っていけると思っております。

カテゴリー
スキンケア

産後肌

現在産後7か月。私のお肌はボロボロです。

モイスポイントの効果を3ヶ月間検証!効くのか効かないのか私の口コミをこっそり暴露!

今まで無かったところに「そばかす」

なぜか出来るでっかい「ニキビ」

なかなか出産前には戻れない「スタイル」

鏡を見るのも嫌になってしまう。

本音を言うとお外に出かけるのも友達に会うのも嫌で。コロナを理由に今日も息子と2人。思っていた産後ライフと全くかけ離れていくそんな日々。。。

産後すぐにテレビに出ている芸能人は本当にすごい。

息子の肌が羨ましい。

綺麗なお母さんほど相当な努力をしているのだと思う。

お母さんには時間がない。ゆっくりお肌の手入れをする時間も。

ゆっくり自分のためだけに使う時間も。

周りには「子供可愛くていいな」「育休家にいても暇でしょ?」と言われることがあるが全く違う。本当に毎日時間におわえれている。子供のお肌が少しでも荒れるとすぐに病院にいき毎日手入れするが、自分のお肌がちょっと荒れたくらいではほったらかし。私だけかも知れませんが。。。(笑)

子供が出来るまでは私も周りと同じ考えだった。今は違う。

お母さんって本当にすごい。

時間がない中でも綺麗なお母さんになりたい。

それはお母さんみんなが思っていることだと思う。

愛する旦那のためにも、子供のためにも、

そして今日も綺麗なお母さん目指して頑張ります。

カテゴリー
スキンケア

大切な顔の手入れに気を使わないと大変なことになります

素肌の透明感やハリ、弾力は見た目年齢に影響するため、私は19歳のころから40歳を過ぎた現在も、毎日きちんと顔の手入れを行っています。

きれいですてきな肌に見せてくれるメークを落とした素肌も、きれいでなければ意味がありません。

モイスポイントの効果を暴露!話題の人気アイクリームを使った私の口コミ!

年齢を重ねるとしわやくすみ、しみなどが増え肌の衰えを実感するため、毎日手入れし若々しさを保っています

そんな私が気に入って使っている資生堂のエリクシールホワイトは、肌の弾力の回復、しわやしみの予防に加え、透明感を出してくれる美白効果もあります。

オイルや、クリームなどのタイプもあるメーク落としの中でも、私は浮き上がらせた汚れをしっかり落とし、さっぱり洗い流せるジェルタイプを使っています。 メークが顔に残ると、肌の老化にも繋がるうえ、その後のスキンケアの浸透も悪くなります。

メークを落としたら、手のひらに出した適量の洗顔フォームに、水かぬるま湯を加えながら泡立てた泡で包み込むように洗います。 脂っぽい肌の人は温かめのぬるま湯、乾燥しやすい人は水か冷めたぬるま湯で洗うと効果的です。 洗顔フォームが残っていると肌荒れの原因になります。 そのため、生え際やこめかみ、小鼻の脇、耳の下から顎にかけてのすすぎ残しが多い部分を中心に、丁寧に十分すすぎましょう。

洗顔料や化粧水、乳液、パック、クリームなど、いろいろあるスキンケア化粧品の使用順序と使用量を確認しましょう。 特に使用順序は商品によって異なるため、店頭で確認しましょう。

若返りを目指し老化を防止するアンチエージングを始めるのは、いくつになっても遅過ぎることはありません。 毎日きちんと肌の手入れをすれば、老化を防止でき、若々しい肌が手に入ります。 毎日の肌の手入れによって、ファンデーションののりの違いに気づくはずです。

毎日の肌の手入れを怠らず、いつまでも年齢を感じさせない若々しい肌でいたいものです。

カテゴリー
スキンケア

目の下のたるみが気になる(>_<)

私は子供のころから目の下のたるみに悩んでいます。
涙袋より下の部分までぷっくりしています。
そのため目の下に影ができ、顔色が悪く見えるようです。

http://www.rioufreyt.com/

寝不足じゃなくてもクマができるため、
「疲れてる?」とよく聞かれます。
疲れている時もあるけど、そんなに毎日疲れていないですよ?
ちゃんと早くに寝てるのになぁ…

写真でも目の下のたるみが気になります。
加工しても消えないし、なんて手強いんだろう。

正直、昔からこの目の下のたるみと付き合っているため、気にならない時もあります。
でも写真で見たりすると気になる。
気になり出したらしばらく気になり続ける。
鏡を見ても治るわけじゃないのに鏡を見続ける。
ああ可愛くなりたい。

目の下のたるみは、目の下の筋肉の衰えが問題のようで、マッサージやトレーニングで解消する場合もあるようです。
もちろん私もやってみました!
お風呂に入りながら、血行をよくするイメージで目の下をマッサージしたり、
まぶたをぎゅっと閉じるトレーニングをやったり…
1ヶ月くらい続けると少し効果が出た気がしました。
でもたるみがなくなる気配はない…

最近は切らない手術というものがあるようで、やってみようか迷い中です。
切らないと言っても、完全に切らないわけではなく、まぶたの裏側を少し切るようです。
やっぱりちょっと怖い。
そして高い。

もう少し迷おう。
ああ可愛くなりたい。