カテゴリー
ヘアケア

傷み、癖、量、髪の毛の悩み

私は髪の毛については悩みがたくさんあります。

まず量がかなり多いです。ノアルフレシャンプーの最安値通販は?私の口コミ&評価をこっそりご報告!

かなり少なくしてもらってからまだ切ってから1ヶ月も経ってないのに、切る前くらいには戻ってしまいます。

少なくするから繋がるのですが、癖もかなりあるので、中を少なくすると中がウネってボワッとなるんです。

結局見た目は切ってすぐあとも切る前と変わりません。

触れば分かりますが触らせるわけにもいきません。

いつも美容院に行くたびに美容師さんが試行錯誤しながらなんとかしようと頑張ってくれるので申し訳なく思います(笑)

10代の頃になにも考えずブリーチ染めしたりしてケアもしなかったせいなのか分からないのですが、傷みもすごいので、バサバサなんです。

癖、傷みのせいで髪の毛を下ろすとみっともないので毎日髪の毛は縛っています。

下ろしたいなとは思うのですが、ストレートアイロンをやると傷む。と美容師さんに言われてから控えるようにしてます。

ただ、控えるようにしてオイルを付けるようになってから傷みとウネリは少しマシになってきたような気がします。

子供がいるのでなかなかちゃんとしたケアをする時間はないので、ストレートアイロンをやらない、髪の毛を乾かしてオイルを付ける、この二つだけは守って、これからも続けて綺麗な髪になりたいです。

カテゴリー
ヘアケア

毎日のシャンプーでヘアカラーの色持ちをよくする方法!

美容室で綺麗に染めてもらった髪を長く楽しみたいと思いませんか?
せっかく染めてたのにカラーがすぐに落ちてしまうととても残念ですよね。
ここでは毎日のシャンプーで染めたてのカラーを維持できる方法をご紹介します。

http://www.kicksim.com/

■シャンプーは優しく
皆さんはシャンプーをする際どのようにしていますか?
髪の毛も入念に洗うためにガシガシとする方が多いと思います。
しかし、そのようにガシガシ洗ってしまうと髪へのダメージとともにカラーも落ちていってしまいます。
実は髪の汚れのほとんどはお湯で落ちるので指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗うことによってカラーの落ちを防ぐことはできます。

■しっかりと保湿をする
髪の毛が乾燥するとせっかく綺麗に染まった髪もどんどん色落ちしてしまいます。
そうなることを防ぐためにも保湿タイプのトリートメントでしっかりと保湿しましょう。

■髪の毛は早めにドライヤーで乾かす。
実は髪の毛は濡れている状態の方がカラーが抜けやすいと言われています。
濡れた髪はキューティクルが開いているのでドンドンカラーが流れていっている状態なのです。
そのため、髪の毛を洗った後はなるべく早く乾かすようにしましょう。

少し気をつけるだけでヘアカラーの色持ちは良くなります。
優しく洗う、保湿する、早く乾かす
この3つに気をつけて綺麗な髪色を楽しんでください。

カテゴリー
ヘアケア

年齢とともに髪の老化

私は今、35歳です。

ノアルフレシャンプーの口コミ&評価!

若い頃は、全くと言っていいほど気にしたことがなかった髪の老化現象。

30代に入ってからは、どんどん老化していく髪にストレスを感じてしまいます。

毎日のように美容室に行くわけにもいかないので、家で出来るトリートメントを使うようにしています。

最近流行っている髪をとかすだけで天使の輪ができるというクシも使うようにしています。

確かに、髪の老化を異常に気にしているからか‥同年代の人たちよりは綺麗な髪をしていると思っています。

先日、近所を歩いていると高校生がいました。

とてもハリのあるつやつやとした髪をみて、やっぱり私の髪も老化してきていると痛感しました。

帰って、自分の髪を鏡で見てみると、高校生のようなハリもなく、白髪もちらほら出来ているものなので、老けて見えてしまいます。

ずっと髪を染めていなかったので、よく鏡で見てみるとその白髪も憎たらしく感じてしまいます。

そこで、最近美容室に行って白髪が目立たないようにと部分で染めてもらいました。

すると白髪が目立たないだけでも、少し若く見えるものだと思い、感動しました。

しかし、やっぱり高校生の髪のツヤとハリを目の前にすると、自分の髪も年齢には勝てないのだと痛感しました。

カテゴリー
ヘアケア

髪のコンプレックスとおしゃれな友人

 今までで、美容院の方に、「今まで切ったことのあるお客様の中で一番髪の量が多くてすきがいがある。」と言われた方は一体何人いるのでしょうか。私は幼いころから自分の髪に悩まされてきました。私の髪は、とにかく本数が多く、さらに一本一本が太く、その上うねっているというものです。http://www.biroussan.com/

ロングヘアの女性とショートカットの女性を比べると、オシャレの幅が大きいのは、やはりロングヘアーの女性です。

私も、雑誌に掲載されているおしゃれなヘアアレンジに憧れ、何度も髪を伸ばそうと試みたのですが、髪の量と太さ、うねりによる更なるボリュームの増加が原因で、見た目があまりに重くなるため断念しました。

正直、自分のこの髪質ではオシャレなんてできないと思っていたのですが、大学生になったある時、とてもおしゃれな同級生が「艶のあるきれいな髪だね。」と髪質をほめてくれました。自分ではコンプレックスでしかなかったのに、人から見ると長所に見えることに驚きました。今では、無理にロングヘアーを目指すのではなく、自分の髪質のあった髪形を模索しています。

昔は、コンプレックスから髪のケアについて目を背けていたのですが、今はケアをするのがとても楽しいです。彼女には今でもとても感謝しています。

カテゴリー
ヘアケア

直毛すぎてヘアアレンジがうまくいかない

私の髪質は直毛ストレートで硬さは普通です。

ノ・アルフレの悪い評価

なので、髪を長く伸ばすときにはストレートパーマが少し取れかかったような感じになり、短髪にするといが栗のようになり、特に耳周りは真横に髪が伸びるような状態です。年齢的には流行りのヘアアレンジをしたいわけではないのですが、仕事や休日に身だしなみを整えるのにとても苦労します。

全体的に長めのミディアムに揃えている時には、七三の横分けで対応しています、というかそれぐらいしかできません。問題は短髪のときで、特にカットして1カ月経ったころには耳周りが飛び出してきて、抑えるのに大変苦労します。毎朝寝ぐせも強力につきますし、頭を濡らしてドライヤーで必死に抑えています。

それでも、時間がたてばゆっくりと立ち上がってくるので、整髪料で抑えるためにワックスではなくジェルなどのハードなものを使用しています。

身だしなみは毎日のことなので、怠るわけにもいかず、毎朝時間をかけて横はねを抑えています。もう少し軟毛で頭の形に沿って毛が流れていればよかったのになぁと思います。そうであれば、毎日の整える作業が大幅に減り、アレンジも髪の長い短いに関わらずいろいろとできるのにと思ってしまいます。

カテゴリー
ヘアケア

色々な髪型、カラー、パーマをしてきた私の出した結論

私は若いころから髪型を変えたり、派手なカラーをすることが好きで、髪をかなりのダメージを与えてきました。ただ、私はショートなので伸びてきたら痛んだところは切ってもらってなくなるという状態でした。

それと同時に私には、学生時代から白髪が多かったこともあり、初めは抜いていましたがきりがないのでやめるようになりました。http://www.pradio.org/

歳を重ねるに連れて白髪は増える一方。職業柄髪型も自由だったので、基本はアシンメトリーで、片側だけツーブロックです。気分によってパーマをかけたり、カラーで、金髪にしたり、ブルーにしたり、メッシュにしたりと遊んでいます。しかし、問題なのは白髪。悩みに悩んだ私の出した結論。それは、「綺麗な白髪のおばさまになろう!」でした。

美容師さんにその旨を伝え、綺麗な白髪になるためにつなぎで白髪がなじむ髪色にしてほしいとお願いしました。その結果、ブリーチをしてから、ミルクティーに紫がかった色をいれてもらいました。お勧めされた紫シャンプーを使って色持ちが長続きするようにしています。後、40代になって初めて洗い流さないタイプのトリートメントを使い髪のケアを意識し始めました。

現在、紫色はなくなり、綺麗なミルクティー色です。白髪は全く目立たず探しても見つからないくらいです。私の白髪が多いという悩みを、逆に白髪を活かすと考えることでスッキリ悩み解決です。

カテゴリー
ヘアケア

湯シャンのすすめというけれど。

髪が薄いのが悩みです。子どもを産んで、抜け毛がひどくなった気がします。どうしたらいいかなとか考えていたのですが、ゆうきゆうさんが湯シャンのすすめなる本を書いていました。たしかにシャンプーはやりすぎはよくないとよく聞いてました。

ノ・アルフレが最安値で購入できる通販は?私の本音口コミを暴露します!

洗いすぎると逆に頭皮を傷つけるのかもしれません。なので私も湯シャンにしてみようかなとも思いました。でも、これがなかなか難しいです。やっぱり今までシャンプーを使っていたし、シャンプーを使わなきゃ感が抜けません。

結局、髪は毎日洗うけど、シャンプーを使わない日を作るということで落ち着きました。湯シャンだと楽じゃんと思ってたんですけど、湯だけで痒みとか汚れが落ち切ったなと納得するまで流すとなると結構な時間ががかるんですよね。あんまり節約にはなっていないかもです。髪が急に増えたとかも今のところないです。

でも、これから髪を元気にしたいので、この習慣を続けたいと思います。やっぱり、いつまでも髪には元気でいて欲しいですから。そのためには食べ物も気をつけないといけなくて、髪にいい食べ物を調べてみました。それは良質なたんぱく質でした。幸い、うちには旦那が買ってきたプロテインがありましたので、それを飲んで髪育を頑張りたいです。

カテゴリー
ヘアケア

言う事を聞いてくれない髪の毛

私の髪の毛は細くて柔らかいいわゆる猫っ毛です。トップのボリュームを出すのが難しく、美容師さんに相談して乾かし方を考えてみたりしています。

セットの仕方でボリュームを出すことは可能だと美容師さんにも言われるのですが、猫っ毛が故にまず自分の毛質に合うスタイリング剤を見つけるのが大変なんです。

スタイリング剤の重みでセットしても逆にぺちゃんこになってしまう事もあるので、ワックス・バーム・クリーム・オイルいろんな種類を試して、その中でもいろんな髪質向けのものがあるのでそれも試して・・・となるとなかなかいいものに出会うことができず、何が合っているのかもわからなくなってしまいます。

そして猫っ毛に加えて癖っ毛なのですが、後頭部の部分はパーマがかかっているような癖で自分でも気に入っています。

ですが、サイドにはパーマに見える癖ではなく、ほとんどストレートで少し変な方向に流れてしまうような癖なので、全体的にすごく整えにくいんです。

アイロンやコテを使ってもなかなか自分がしたいように巻くことができず、最近では後頭部のくせ毛に合うようにかなり緩いパーマをかけてもらうようにしています。

パーマをかけていれば、スタイリング剤を揉み込むだけなので、朝時間がない時もすごく楽です。

髪質的に一度パーマをかけると半年は残り続けるので、めんどくさがりの私にはこの方法が一番合っているような気がします。

カテゴリー
ヘアケア

私はカラーをたくさんしていて髪の毛が痛んでしまっています。

私は学生の頃からずっとカラーをしていますが髪の毛が痛んでしまっています。

なのでもうカラーをしないことに決めました。その理由は髪の毛がものすごく痛んでしまうととてもじゃないけれど髪の毛がどんどん痛んでしまってなくなってしまいそうだと思ったからです。最近私は神に良いとされているものを食べていてもなかなか思い通りに髪の毛がふさふさになってくれなくて困っています。

そのうえ髪の毛がものすごく薄くなってしまったのでもう悲しいことばかりです。このまま言ったらどうなってしまうのかなという思いでいっぱいですしとてもつらい思いでいっぱいです。この先このまま髪の毛は痛んでしまって薄くなっていってしまうのかなと思うといたたまれません、もっといっぱい美容院に通うことができればよいのですがそれさえもできずにいます。

その理由はお金がないからです。なのでお金があれば絶対にもっと美容院へ通っていますしもっといろいろなことをしていると思います。私はこれからもこの気持ちを抱いたまま人生を終えてしまうのかなと思うと嫌で嫌でいたたまれません。どうしてこんなに嫌な気持ちになってしまうのかということが悔やまれてなりません。もっと昔のように髪の毛がふさふさになってほしいです。

カテゴリー
ヘアケア

明るいカラーリングがしたい

髪が傷んでいるので、好きなカラーに染められないところに悩んでいます。私が好きなのは、明るいカラーです。昔はよくブリーチしていて、金髪やシルバーに染めていました。今はさらにカラーのバリエーションが増えたので、ピンクやアッシュ、くすみカラーなどチャレンジしたいカラーがたくさんあります。

今は美容院でインナーカラーをしていて、内側がブリーチのゴールド、外側が明るめのブラウンに染めています。しかしながら、髪が傷んでいるので、カラーが落ちるのが早くて悩みます。毛先はパサパサなので、根本と毛先のカラーリングを同じ色にしても抜け方が異なり、同じ色には染め切れません。好きなカラーにできないことは気分が盛り下がり、悲しいです。

困って、美容院でトリートメントをしても長くは持ちません。極上のトリートメントをしても一ヶ月もすると、もとの髪質に戻ってしまいます。家では美容院のようなトリートメントはできませんが、そのぶん美容院で使っているシャンプーやコンディショナーを使ったり、濡れた髪を放置せずにお風呂上がりはすぐにドライヤーをかけたりと、できることはしています。今は様子見ですが、私は髪の悩みが改善されるように努力はしています。

カテゴリー
ヘアケア

すぐにいつもの髪色に戻ってしまう

せっかく美容室でお気に入りの髪色に染めても、すぐにいつもの髪色に戻ってしまう・・・

そんなお悩みの方は多いのではないでしょうか?

ヘアカラーが色落ちしやすいりいゆうと対処法さえ知っておけば、お気に入りのカラーが長く楽しめますね!

<あなたは寒色系カラー?暖色系カラー?>

カラーは大きく分けて2グループに分かれます。

・アッシュやグレー、マット、ベージュなどの寒色系カラー

・ブラウンやピンク、バイオレット、オレンジなどの暖色系カラー

この2つで色落ちの原因が大きく違うんです。

<寒色系カラーの色落ち原因は熱!!>

寒色系カラーは染料分子が大きく紙の内部に止まりやすいのですが、熱や紫外線でその分子が分解されやすいのでアイロンや紫外線に気を付けなくてはなりません。

対処法として、スタイリング前には熱から守ってくれるタイプのアウトバストリートメントを使用したり、紫外線予防のスプレーや帽子や日傘を使用しましょう。

<暖色系カラーの色落ち原因はシャンプー!!>

暖色系カラーは染料分子が小さく紙の内部までしっかり染まるのが特徴ですが、染料分子が小さい分外に出てしまいやすいのも特徴です。

そのため、洗浄成分の強いシャンプーなどを使うとカラーの染料成分がより早く出てしまうんです。

また、温度の高いお湯にも気を付けてください。

対処法は、できるだけ美容室で販売している洗浄成分の優しいシャンプーで洗うこと、そしてお湯の温度は少し緩いと感じるくらいの36?38度のお湯で洗うことです。

小さなことで色もちが変わるので是非試してみてください。