カテゴリー
白髪

髪の毛が大変な事になってます

40歳になったばかりの主婦です。
30過ぎた辺りから、前髪と耳の上に白髪が発生してきました。
まだ、中の方だったので初めは良かったんですが、どんどん白髪が繁殖しだして表面にも出てきたので、カラーをする期間がどんどん縮んできて、美容院に行く回数も増えて。

ボタニカルエアカラーフォーム

白髪って黒髪と違ってチリチリしてるので、前髪の白髪が気になってしょうがないです。前髪なので目に入るし見えやすいし。
髪の毛で1番気になっているのは白髪です。
ほかもたくさんあります。

若い頃からカラーやパーマを繰り返してきて、傷んで来ているにも関わらず、派手なカラーが好きなので、今ではブリーチしていて、ブリーチした部分がかなりパサパサでうねうねしてます。
もともと毛量は凄くあるので、薄くなってる感じはないですが、
そのパサパサとうねうねで広がってきて、癖毛も凄くあるので、毎日ストレートアイロンで真っ直ぐにしています。

そのアイロンも痛みそうなので不安です。
毛量もあって太さも太くて、カラーやパーマが取れやすくて、パーマはすぐ取れてくるので、最近はやめました。
髪の毛には若い頃からたくさん悩みがあって、今でも変わらずあり、たぶん年とっても髪の毛の悩みはなくならないと思います。

カテゴリー
白髪

白髪のお悩みについて

白髪といっても20代以降の方なら一定の方が悩まれることかと思います。白髪=老けて見えるが一般的な捉え方で、男女とも共有している感覚ではないでしょうか。どのくらい気にしていけばいいのか?いつから染め始めればいいのか?など悩むタイミングも違うかと感じています。
今回は、この白髪との付き合い方についての1つの例だと思い参考にしてみてください。

http://www.burow-mobil.net/

まず、見た目の事だけなら即染めるなど対策を打つことで解決するので判断に迷うことはないと思います。
私が悩んだのは美容師さんに白髪も染めれば長期的には髪に負担がかかり、早く禿げたりトラブルも起こりやすいですよとアドバイスいただいたことがあったからです。
禿げてなくなってしまっては、どうにもならなく悩みました。
いくつか方法を考えた結果、白髪との付き合い方に悩みが減り長期的にもさほどの負担がかからない方法で生活できているので参考にしてみてください。
・日頃は好きな帽子を見つけて、ファッションを楽しむように帽子にあった服装を考えて白髪を気にするのではなくファッションの一部として楽しむ。
・仕事や帽子をかぶる場面ではない時は、できるだけ短い髪形にして白髪が目立たないようにする。

どうしても大切な場面や初対面の方とあう場合のみ年に数回だけ染める。
白髪のおかげで以前は、帽子をかぶる事もなく何があっているのかもわかりませんでしたが、いろいろ試していくことで今ではすっかり帽子が定着し白髪を意識する時間がなくなりました。
やってみようと思った方は是非試してみてください。

カテゴリー
白髪

湯シャンが良い感じ

わたしは湯シャンを習慣にしています。湯シャンの習慣があると白髪染めしたところの色落ちがだいぶ防げるようになりますよ。シャンプー剤を使うと白髪染めしたところがかなり色落ちしますよね・・・。白髪染めの薬品はオシャレ染めの薬品よりもしっかりと色が付くので本来色落ちしにくいのですが、それでもシャンプー剤を使い続けると色落ちするのだからシャンプー剤はあまり使わない方が良いのです。

ボタニカルエアカラーフォーム

白髪染めをしている人で色落ちが気になるひとはシャンプーなしの湯シャンに切り替えると良いですよ。試してみる価値はあります。試してみて色落ち具合が変わらないというならシャンプー剤を使うようにしたら良いのです。湯シャンというのはシャンプー剤を使わずお湯で髪をすすぐだけの簡単な方法のこと。髪に付いた汚れはシャワーのお湯で洗い流されるのでニオイや汚れを心配することはありません。ちゃんとキレイになります。

わたしはここ3年ほど湯シャンですが、それ以前は白髪染めをしてシャンプー剤を使っていました。その時せっかくキレイになった白髪の部分がどんどん変わってくることにショックを受けたのです。湯シャンにしてからは根元染め以外染め直ししていません。

カテゴリー
白髪

シミの次は白髪か・・・

現在36歳。高校生の頃から日焼け対策はしていたが、30歳を超えたあたりから左頬に分かりやすいシミが目立つようになってきた。そして白髪まで。耳の際、前髪を上げたおでこの生え際。後ろ髪をかき上げて見つける長い白髪。昔は見つけると面白いようなおかしみを感じていたのだが、今ではがっくりきてしまう。

http://www.sondeglane.com/

毛量が半減してきたのも感じる。小学生の時など2つくくりにしようものなら、黒い風船を2つ顔の横にぶら下げていたかと見間違うばかりに多くて困り果てていたのにもかかわらず、昔憧れていた内田有紀ばりのショートカットにも、今なら手を出せるようになってきたのである。

抜いても抜いても生えてくるこの細い白い毛を、さあどうしてやろうか。美容院でカラーしてもらう、というのが目下の目標だが、ヘアカラーに慣れていない私。不安が渦巻いて仕方がない。一歩踏み出したいけれど、まだその一歩が踏み出せないでいる。